病気と医療について考える~栗野的通信
kurino.exblog.jp

ガンで旅だった妻への挽歌と、病気と医療についての考察。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
LINK
ベンチャー支援組織「リエゾン九州」
「九州の技術」や「九州の頑張る企業」「栗野的視点」などを収録
ジャーナリスト栗野の辛口コラム~栗野的視点
ジャーナリスト、経営コンサルタント、コーディネーターとして活動しながら、中小企業の経営に関する講演も数多くこなす栗野が独自の視点で経済や経営、社会問題を論評
栗野的風景
写真と文で綴るフォトエッセイ。主に花の写真が多い。





最新のコメント
栗野さん こんにちわ ..
by 新会社設立前から設立後の成功へ at 14:29
tumachanさん、少..
by kurino30 at 16:30
お久ぶりです 元気ですか..
by tumachan at 08:44
誠意ある対応とはかけ離れ..
by miyako at 11:22
今年も2月から九州を訪れ..
by miyako at 11:21
私は関西在住の 歳の女性..
by miyaka at 11:19
 どこの病院という事では..
by itou at 13:09
 一年前突然の末期癌を宣..
by sumi at 23:48
 怖い話ですね。 たま..
by kurino30 at 18:13
2ヶ月ほど前知人が膵臓癌..
by sumi at 11:54
最新のトラックバック
膀胱 病気 について
from 膀胱 病気
日々の健康増進
from サプリメント 健康食品
西野流呼吸法から学ぶ代替..
from ロハスな生活で健康ライフ
ニューウエイズ体質改善
from ニューウエイズ体質改善
安楽死について
from 人生のババ抜き
肥満は様々な病気の原因となる
from ゆしどうふ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
奇跡的に回復する。
 朝5時頃、妻が目を覚まし、「水が飲みたい」と言いました。
コップに水を入れて渡すと、よほど喉が渇いていたと見え、もう1杯、もう1杯、と4杯も飲みました。

 なによりうれしかったのは、昨日38度もあった熱が引き、普通に会話が出来るようになったことでした。
まるで昨日のことが嘘のようです。
うれしくてたまりません。
本当に奇跡が起こったのではないかと思いました。
もしかすると、もう一度退院できるのではないか。
そんな気さえしました。

 妻に昨日のことを尋ねてみました。
実は、入院した後、私の姿が見えなかったから、母に私の名を呼びながら「来てくれるだろうか」と言ったそうです。
そう母から聞いていたので、もしやと思い尋ねたのです。

 「救急車で運ぶ前にぼくが着替えさせてやったのを覚えている。その前の晩はぼくが同じベッドでずっと寝ないで看病してあげたでしょう」と。
 ところが、妻はそのことを全然覚えていなかったのです。
これは大ショックでした。
そんなに私は薄情な男、妻から信頼されてなかったのかと思うと、本当にショックでした。
[PR]
by kurino30 | 2005-04-16 00:16 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurino.exblog.jp/tb/2520109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。