病気と医療について考える~栗野的通信
kurino.exblog.jp

ガンで旅だった妻への挽歌と、病気と医療についての考察。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
LINK
ベンチャー支援組織「リエゾン九州」
「九州の技術」や「九州の頑張る企業」「栗野的視点」などを収録
ジャーナリスト栗野の辛口コラム~栗野的視点
ジャーナリスト、経営コンサルタント、コーディネーターとして活動しながら、中小企業の経営に関する講演も数多くこなす栗野が独自の視点で経済や経営、社会問題を論評
栗野的風景
写真と文で綴るフォトエッセイ。主に花の写真が多い。





最新のコメント
栗野さん こんにちわ ..
by 新会社設立前から設立後の成功へ at 14:29
tumachanさん、少..
by kurino30 at 16:30
お久ぶりです 元気ですか..
by tumachan at 08:44
誠意ある対応とはかけ離れ..
by miyako at 11:22
今年も2月から九州を訪れ..
by miyako at 11:21
私は関西在住の 歳の女性..
by miyaka at 11:19
 どこの病院という事では..
by itou at 13:09
 一年前突然の末期癌を宣..
by sumi at 23:48
 怖い話ですね。 たま..
by kurino30 at 18:13
2ヶ月ほど前知人が膵臓癌..
by sumi at 11:54
最新のトラックバック
膀胱 病気 について
from 膀胱 病気
日々の健康増進
from サプリメント 健康食品
西野流呼吸法から学ぶ代替..
from ロハスな生活で健康ライフ
ニューウエイズ体質改善
from ニューウエイズ体質改善
安楽死について
from 人生のババ抜き
肥満は様々な病気の原因となる
from ゆしどうふ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
目まぐるしく変化する容態。
 輸血が効いたのか、入院翌日に奇跡的に回復した妻に大喜びしましたが、持ち直したのは午前中11時頃まででした。

「今日は誰か来てくれないかな」
 元気になった妻は友達に会いたそうに呟きました。
「分かった、○○さんに連絡して、来てもらおう」
 そう告げると、久し振りに友達に会えるからでしょう、うれしそうな顔をしました。

 母からも電話があり、病院に向かっているとのことでした。
電話で話しをしていても、誰もの声に明るさが戻りました。
山は越えた。
正直、私もそう思いました。

 母も30分以内には来るし、今の間にもう一度自宅に戻り身の回りの物を持ってこよう。ついでに事務所にも寄ってノートパソコンも持ってこよう。
そう考え、「ちょっと出かけてくるけどいいか」と妻に尋ねると、「大丈夫だから、行ってきていいよ」というので、小1時間出かけることにしました。
まさか、その1、2時間の間に容態が悪化するとは夢にも思わなかったから。

「容子、具合はどうだ」
病室に戻るなり、そう声を掛けました。
「うん、調子いいよ」
そう返事がくることを期待して。
 ところが、妻は入り口に背を向けたままで、母が「私が来て間もなくから、ずっと寝たままだ」と言います。
 結局、今朝の元気な様子を目にしたのは私だけでした。

 午後は一転して痛がりました。
私はずっと妻の手を握っていましたが、時折り激しく痛みを訴え、手を力一杯握ってきたり、何度も起き上がろうとする動作を繰り返します。
寝ているのが苦しいのです。
「うーん、うーん」
言葉にならない声を発します。
「痛いのか・・・。痛いね、痛いね」
そう声を掛けながら背中をさすってやりますが、あまり効果はありません。

 あまりの痛がりように最初はうろたえました。
ナースコールで呼ばれてやって来た看護師さんはオムツを点検し、「少し出ているようですからオムツを取り替えましょうね」と、オムツを取り替え、汚れたお尻をきれいに拭いてくれました。
 痛くて排泄するのか、下血時に激しく痛むのか分かりませんが、いずれにしろ非常に痛がる時は排泄をした時のようです。

 この日から私は病室が仕事場になり、病院の硬いイスがベッドになりました。
妻は眠っている時間の方が圧倒的に長くなりました。
覚醒している時間は1日20~30分程です。
それも続けて20分ではなく、午前中に5~10分、午後5~10分という感じで、トータルで20~30分です。
それも日を追って短くなっていきました。
[PR]
by kurino30 | 2005-04-18 18:08 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurino.exblog.jp/tb/2539089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。