病気と医療について考える~栗野的通信
kurino.exblog.jp

ガンで旅だった妻への挽歌と、病気と医療についての考察。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
LINK
ベンチャー支援組織「リエゾン九州」
「九州の技術」や「九州の頑張る企業」「栗野的視点」などを収録
ジャーナリスト栗野の辛口コラム~栗野的視点
ジャーナリスト、経営コンサルタント、コーディネーターとして活動しながら、中小企業の経営に関する講演も数多くこなす栗野が独自の視点で経済や経営、社会問題を論評
栗野的風景
写真と文で綴るフォトエッセイ。主に花の写真が多い。





最新のコメント
栗野さん こんにちわ ..
by 新会社設立前から設立後の成功へ at 14:29
tumachanさん、少..
by kurino30 at 16:30
お久ぶりです 元気ですか..
by tumachan at 08:44
誠意ある対応とはかけ離れ..
by miyako at 11:22
今年も2月から九州を訪れ..
by miyako at 11:21
私は関西在住の 歳の女性..
by miyaka at 11:19
 どこの病院という事では..
by itou at 13:09
 一年前突然の末期癌を宣..
by sumi at 23:48
 怖い話ですね。 たま..
by kurino30 at 18:13
2ヶ月ほど前知人が膵臓癌..
by sumi at 11:54
最新のトラックバック
膀胱 病気 について
from 膀胱 病気
日々の健康増進
from サプリメント 健康食品
西野流呼吸法から学ぶ代替..
from ロハスな生活で健康ライフ
ニューウエイズ体質改善
from ニューウエイズ体質改善
安楽死について
from 人生のババ抜き
肥満は様々な病気の原因となる
from ゆしどうふ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
九州中央病院の名医~その1~
 九州中央病院は名医が多い--入院中そう感じました。
胃カメラ検査をしてもらったN医師もその一人です。
Konishikiを小柄にした体型で、なんとなくユーモラスな顔立ちは、すでにそれだけで被検者に親しみを与えます。
しかも、体型に似合わず繊細で照れ屋のようです。

 私は前回にも書きましたが、胃カメラ検査をする時に鎮静剤を打つ方法と打たない方法の両方を経験してきました。
 鎮静剤を打つと知らない間に検査が終わっているので、管が喉を通る時の苦しみからは解放されますが、その代わりに検査中の出来事をモニターで同時に見たりすることも出来ないし、検査中に何が行われているのかも分かりません。

 私は何が行われているか見ておきたいと思ったから、鎮静剤なしで行う方法を選びました。結果は選択が正しかったことを証明しました。
N医師の技術が高かったので管が喉を通る時の苦しみも、検査中の痛みや苦しさもなく、比較的リラックスして受けることが出来たのです。
 だから検査が終わった後、「先生、名医だね」と、医師の技術を誉める言葉が自然に出ました。

 一般的にプロの技術を誉めるのはプロで、素人が誉めることは非常に少ないと思います。素人が誉めない理由は、一つにはプロは上手で当たり前と思っていること。もう一つは素人が誉めるのは失礼だと思っているからではないでしょうか。
 でも、誉められて悪い気は誰しもしないでしょう。もちろん、プロから誉められるのは、それだけ認められているということですから、より以上にうれしいでしょうが。

 しかし、プロの場合は細部にこだわって、あの技術はすばらしいなどと言うことがあります。いわゆる「玄人受けする」というやつです。映画などがその典型ですね。全然面白くもないのに、映画評論家が誉めるものがありますね。小説でもネチネチと男女のことを書く女性作家がいます。文章も下手だし、説明が多すぎるのに、いつの間にか恋愛物の大家みたいに言われている小説家が。
 たしかにプロから認められることも大事ですが、ユーザーの反応はそれ以上に大事だと思います。
 だからというわけではないのですが、被検者の反応をストレートに伝えておかなければと思ったことは事実です。

 胃カメラ検査が終わった日の午後、廊下でN医師を見かけたので駆け寄りまたもや私は誉めました。
「先生、明日、大腸の検査をしますが、明日も先生にお願いしますね。先生は上手だから」と。
 それに対してN医師は「ああ」と答えただけで、立ち止まることもなく、そのまま歩いて行ってしまったから喜んでいるのかいないのかも分かりませんでした。
 でも、実際には喜んでいたようです。
だって本人にだけではなく、検査室のナースにも、入院病棟のナースにも「N先生は名医だ」と吹聴していたのですから。

 なぜN医師が喜んでいたと分かったかといえば、検査の順番待ちをしている時にわざわざ私の側に来て「スケジュールを見たら、ぼくの担当にはなってなかったのだけど、ご指名なのでぼくがすることにしましたよ。今日も内視鏡でしっかりいじめてあげましょう」と言ったからです。
 どうも体に似合わず(失礼)とっても照れ屋のようでした。
その後も検査中に「同じことならもっと若い女の子に言われたい」と軽口を叩いたりしていましたから、やはりうれしかったのですね。

 もちろん、その恩恵は私にそのまま跳ね返ってきます。それはそうでしょう。互いにコミュニケーションが不足した中で検査を受けるのと、コミュニケーションが取れ、しかも好意を持たれている相手にはより丁寧に検査しようという気になるものです。
お陰で大腸の検査は実にスムーズに終わりました。さらに幸いなことにポリープの一つも見つからず、「腸はきれいです」と言われました。胃の方は少し荒れていると指摘されましたが、それでも潰瘍もポリープもなしでした。

 やはり医師は誉めるに限ります。というより、感謝の気持ちを素直に言葉で表現してあげることでしょう。それにしても、N医師は上手でした。
[PR]
by kurino30 | 2006-04-23 11:34 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurino.exblog.jp/tb/4461276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。