病気と医療について考える~栗野的通信
kurino.exblog.jp

ガンで旅だった妻への挽歌と、病気と医療についての考察。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
LINK
ベンチャー支援組織「リエゾン九州」
「九州の技術」や「九州の頑張る企業」「栗野的視点」などを収録
ジャーナリスト栗野の辛口コラム~栗野的視点
ジャーナリスト、経営コンサルタント、コーディネーターとして活動しながら、中小企業の経営に関する講演も数多くこなす栗野が独自の視点で経済や経営、社会問題を論評
栗野的風景
写真と文で綴るフォトエッセイ。主に花の写真が多い。





最新のトラックバック
膀胱 病気 について
from 膀胱 病気
日々の健康増進
from サプリメント 健康食品
西野流呼吸法から学ぶ代替..
from ロハスな生活で健康ライフ
ニューウエイズ体質改善
from ニューウエイズ体質改善
安楽死について
from 人生のババ抜き
肥満は様々な病気の原因となる
from ゆしどうふ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
相次ぐ見舞客。
 最初の福大病院からガンセンター、ホスピスと入院先を変えてきたが、その間妻の職場の人間は誰一人見舞いに来てくれませんでした。
別に嫌われていたわけでありません。むしろ、その逆です。
最初の頃は妻も「皆が見舞いに来たらうるさいだろうからと気を遣って人事が知らせないようにしているのよ」と全く気に留めていないようでした。

 そう言われるとそうかもしれません。
妻は人事の課長でしたから、いわゆる教え子達がたくさんいました。
だから入院したと聞けば、皆が見舞いに来るに違いありません。
そうなると静養にならない、との気遣いです。
でも、入退院を繰り返したとはいえ、1年近くも入院しているのですから会社も社員に知らせていいと思うのですが、なぜか妻の入院をひた隠しにしているようなところがありました。
当の人事の人間でさえ見舞いには来たことがなかったのですから。

 ホスピスに入院して3日目、私は親しかった妻の部下に電話をしました。
病院名を告げ、親しかった人数人の名前を挙げて、出来れば彼女たちに連絡して見舞いに来てくれるように言ってもらえないかと。
すると相手は知らなかった、とビックリしたのです。

 その日の午後から見舞客が相次ぎました。
皆、口々に「課長が入院しているとは知らなかった。知っていたらもっと早く見舞いに来たのに」と言ってくれました。
なぜもっと早く知らせてくれなかったと、私に詰問した親しい友人もいました。
そして多くの人が課長の姿が見えないので人事に聞いても箝口令が敷かれているようで誰も何も教えてくれないし、聞いてはいけないような雰囲気があったのです、と悔しがり涙を見せました。

 知らせなかったのではない、知らせてくれなかったのです。
同じ見舞いに来てもらえるなら、まだ妻が元気な時に来て欲しかった。
もう、いま来てもらわなければ、間に合わない。
そう思ったから、私達に親しかった人にだけでもと思い連絡したのでした。
 でも、遅すぎました。
あまりに見舞客が相次いだのと、覚醒している時間が短くなっていたので、せっかく来てもらっても話も出来ないどころか、翌日からは面会もお断りするようになりました。

 元気な時だったら、妻がどんなに喜んだか・・・。
それなのに、いまは誰が来てくれたのかさえ分からなくなっています。
[PR]
by kurino30 | 2005-04-20 01:12