病気と医療について考える~栗野的通信
kurino.exblog.jp

ガンで旅だった妻への挽歌と、病気と医療についての考察。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
LINK
ベンチャー支援組織「リエゾン九州」
「九州の技術」や「九州の頑張る企業」「栗野的視点」などを収録
ジャーナリスト栗野の辛口コラム~栗野的視点
ジャーナリスト、経営コンサルタント、コーディネーターとして活動しながら、中小企業の経営に関する講演も数多くこなす栗野が独自の視点で経済や経営、社会問題を論評
栗野的風景
写真と文で綴るフォトエッセイ。主に花の写真が多い。





最新のトラックバック
膀胱 病気 について
from 膀胱 病気
日々の健康増進
from サプリメント 健康食品
西野流呼吸法から学ぶ代替..
from ロハスな生活で健康ライフ
ニューウエイズ体質改善
from ニューウエイズ体質改善
安楽死について
from 人生のババ抜き
肥満は様々な病気の原因となる
from ゆしどうふ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
尿道にカテーテルを挿入する
 手術前に告げられていたのに手術が終わっても全く記憶にないことがありました。それは導尿のために尿道にカテーテルを挿入する時のことです。いつ、どのようにされたのか全く記憶にないのです。どうもその時は早速と眠っていたようです。

 術前、尿道にカテーテルを挿入すると聞いた時、顔をしかめました。これほど痛いものはないとよく聞くからです。
 カテーテルというのはゴム製の管で、術後の導尿のために尿道の奥まで管を差し込むのですが、これが結構痛い。管はゴム製のものが多いそうですが、なかには金属製、プラスチック製もあるというから、それを聞いただけでも痛みが伝わってきそうです。

 実は一度、カテーテルを挿入した経験があります。
妻が亡くなる1年から半年前の頃だったと思いますが、血尿が出たのである総合病院で調べてもらいました。それまでもたまに採尿検査で潜血反応を指摘されたことはありましたが、この時は便器が真っ赤に染まるほどボタボタッと落ちたので、本当に青ざめました。女性なら恐らくメンスと思ったに違いありません。それほどの量だったので精密検査を受けることにしました。
 その時にカテーテルを初めて経験したのですが、この時は尿道に内視鏡カメラを入れた検査でした。
「えー、尿道に入れるんですか」
「一応麻酔をしてから入れますから。でも、人によっては痛がる人もいますね」
「かなり痛いんですか?」
 すると側にいたナースが
「痛いみたいですよ。大の大人でも悲鳴を上げる人がいますから」
 と、こちらの不安をさらに駆り立てるように言い放ちました。
 悲鳴を上げるのか。悲鳴まではみっともないな。なんとか悲鳴を上げるのだけは我慢したいが・・・。
そんなことを考えながら診察台の上に腰掛けていました。

 この診察台というのが産婦人科で見かけるようなやつで、下半身丸出しのまま診察台のアームに両足を載せるわけです。
耐えられないのがその姿勢のまま随分待たされたことです。
これは屈辱的でした。目の前をナースが行き来しているわけですから。
もう少し患者の人権に配慮する必要があるのではないか、とその時本当に憤りましたが、なんとも姿勢が姿勢ですから様になりませんね。

 でも、幸いこの時は言われているほどには痛みを感じることがありませんでした。「先生は名医ですね」
若い医師にそう伝えました。

 さて、今回の手術では全く覚えていないうちにカテーテルの挿入をされたようです。
まあ、痛みを感じなくてよかったのはよかったのですが。
[PR]
by kurino30 | 2006-02-21 21:04