病気と医療について考える~栗野的通信
kurino.exblog.jp

ガンで旅だった妻への挽歌と、病気と医療についての考察。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
LINK
ベンチャー支援組織「リエゾン九州」
「九州の技術」や「九州の頑張る企業」「栗野的視点」などを収録
ジャーナリスト栗野の辛口コラム~栗野的視点
ジャーナリスト、経営コンサルタント、コーディネーターとして活動しながら、中小企業の経営に関する講演も数多くこなす栗野が独自の視点で経済や経営、社会問題を論評
栗野的風景
写真と文で綴るフォトエッセイ。主に花の写真が多い。





最新のトラックバック
膀胱 病気 について
from 膀胱 病気
日々の健康増進
from サプリメント 健康食品
西野流呼吸法から学ぶ代替..
from ロハスな生活で健康ライフ
ニューウエイズ体質改善
from ニューウエイズ体質改善
安楽死について
from 人生のババ抜き
肥満は様々な病気の原因となる
from ゆしどうふ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧
妻を車中に置き忘れる。
b0039302_7413524.jpg
 いつか一緒に中国を旅したい。
ずっとそう思っていました。
妻も中国に行ってみたいと言っていました。
それがこんな形で連れて行くことになろうとは思いもしませんでした。
 妻は私のよき理解者でした。
よき理解者すぎたのかもしれません。
「たまには私も連れて行ってよ」
もし、そう言っていたら
「今更おまえと2人で行ってもおもしろくはないだろう」
などと皮肉りながらも、内心は喜んで一緒に行ったと思います。
 しかし、妻はそこまで甘えることもしなかったし、私も強引に誘いはしなかった。
その結果、私は都合4回も中国に行っているのに、一度も妻と連れだって行ったことがありません。
でも、これからはどこに行くにも連れて行ってやろうと思っています。

 こうして、私はリュックサックの中に妻の遺骨を納めた小さな器を入れ、上海に行きました。
「ほら見えるかい。あれが上海だよ」と話しかけながら。
 ところが、浦東空港からリニアモーターカーに乗り、時速430kmの世界最速をビデオ撮影したりして楽しんでいるうちに網棚にリュックを忘れてリニアモーターカーから降りてしまいました。
 ところが、リュックがないことに気づいたのは、その後地下鉄に乗って人民広場駅で下車した時でした。

 なんという迂闊。
自慢ではないけれど私は傘でさえどこかへ置き忘れたことがないのです。
それなのに初めて妻と一緒に旅した外国で、妻を置き去りにしてくるなんて・・・。
もし、このまま妻が見つからなかったら、私一人帰るわけにはいかない・・・。
その時、心底そう思いました。

 中国で忘れ物をしたら出てこない。
ガイドブックにもそう書いてありました。
しかもリュックの中にはノートパソコンにデジカメ、デジタル録音機と、日本でさえ誰もが欲しがる物が一緒に入っていました。
まさに絶望的です。
出てくるはずがない。
そう考える方が当然です。
[PR]
by kurino30 | 2005-09-06 23:26