病気と医療について考える~栗野的通信
kurino.exblog.jp

ガンで旅だった妻への挽歌と、病気と医療についての考察。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
LINK
ベンチャー支援組織「リエゾン九州」
「九州の技術」や「九州の頑張る企業」「栗野的視点」などを収録
ジャーナリスト栗野の辛口コラム~栗野的視点
ジャーナリスト、経営コンサルタント、コーディネーターとして活動しながら、中小企業の経営に関する講演も数多くこなす栗野が独自の視点で経済や経営、社会問題を論評
栗野的風景
写真と文で綴るフォトエッセイ。主に花の写真が多い。





最新のトラックバック
膀胱 病気 について
from 膀胱 病気
日々の健康増進
from サプリメント 健康食品
西野流呼吸法から学ぶ代替..
from ロハスな生活で健康ライフ
ニューウエイズ体質改善
from ニューウエイズ体質改善
安楽死について
from 人生のババ抜き
肥満は様々な病気の原因となる
from ゆしどうふ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
医師の犯罪と家族の共犯意識
Excite エキサイト : 社会ニュース
 最近、医師の犯罪(?)が増えている。個々の犯罪について言及するつもりはないが、背景には倫理観の欠如、人間性の欠落がある。
 これは何も医師に限ったことではなく、現代社会が共通して抱える問題だと思うが、本来なら高い倫理観、人間性が要求される職業の人にそれらが急速になくなりつつあることが問題である。

 だが、明らかに法に抵触するものは論外として、犯罪と言い切ってしまっていいかどうか微妙なものもある。
 例えば今回、富山県・射水市民病院で起きた安楽死(?)事件である。
外科部長が末期患者の人工呼吸器を取り外し患者が死亡した事件だが、似たような事件が近年続いている。2年前には北海道羽幌町の道立病院で女性医師が無呼吸状態の男性患者(当時90歳)の呼吸器をはずし死亡させた事件が記憶に新しい。

 両者の間にはある種の共通点がある。
まず両医師とも信念(?)を持って行っていることである。つまり、両者ともに犯罪を行っているという認識がない。むしろ善行をしている意識があったようだ。
 もう一つは患者が高齢者である点である。
さらに付け加えるなら富山、北海道という雪深い地、それも過疎の町で起きているという点である。
 私はこの「事件」を知った時、姥捨て山の話を連想した。
両医師に、そんな意識は皆無だったと言い切れるだろうか。恐らく顕在、潜在は別にして、意識下にはあったのではないかと思う。とすれば、この事件は単に両医師の個人的な問題では済まされず、根はもっと深いところにある。
 次に、意外と見落とされがちだが、射水市民病院の医師が50歳、北海道立病院の医師が34歳と共に若い医師だということである。射水市民病院の外科部長は50歳だが、10年前から行っていたらしいから、10年前は40歳である。

 両者の違いは数である。10年間にしろ7人という人数は多い。仮に射水市民病院の医師が言うように「患者さんのための尊厳死」のために実行したとしても、初めて行うときは随分葛藤があったはずである。
 ところが2件、3件と増えていくと、途中から心の葛藤はなくなる。代わりに芽生えてくるのが、自分の行為に対する正当性である。
これが怖い。独裁者に繋がるからだ。

 もともと医師は医療現場では独裁者たりえるし、そうである人が多い。少なくとも医療現場では圧倒的な強者である。それが人の生命をも操作する独裁者になるとしたら、こんなに恐ろしいことはないだろう。

 ただ、問題を複雑にしているのは患者あるいは家族の同意の点である。
人工呼吸器を必要とする末期患者が尊厳死を望むと望まないとにかかわらず、自ら意思表示することは不可能に近いだろう。せいぜいそうなる前に意思表示しておく必要があるが、恐らくその段階で自らの死を現実の問題として考えられる人は少ないのではないだろうか。

 となると、あとは家族の同意しかないが、これがまた難しい。
カルテには「家族の希望」とあったらしいが、この「家族の希望」というのがどこまで本当なのかが分からない。今回も同意書は取り付けてなかったし、恐らくどこの病院も現実問題として同意書にサインさせていないだろう。仮にあったとしてもその数は極少ないに違いない。
実際、私の父が亡くなった時も同意書にサインなど求められはしなかった。

 父の最後が近いことは家族の誰もが薄々理解していた。
すでに父の体には様々な機械が付けられていた。
「呼吸をしているように見えますが、機械の力でしているだけで、もう自己呼吸はありません。すでに脳は死んでいる状態で、いまは機械の力で心臓が動いているだけです。機械を外せば心臓もすぐ止まります。あとはいつ機械を外すかだけですので、お考えください」
 そんなことを医師が言った。

 その時、私達は医師から選択を迫られたと感じた。このまま植物状態でも生かし続けるのか、それとも生命維持装置を外すのか、と。
 たしかに母も看病で疲れていた。これ以上看病が長引くと母が倒れる危険性もあった。それで弟と3人で話し合い、装置を外してもらうことにした。
 しかし、装置を外しても医師が言うようにすぐ心臓は止まらなかった。心臓の動きを表すオシロスコープの線は最後まで平らにならなかったのだ。あまりの時間に臨終時間を宣言するために待ち構えていた医師が一度病室から出て行ってしまったほどだった。

 この時間の長さは本当に辛く苦しかった。もしかすると生命維持装置を外したのは間違いだったのではないか。父は本当はまだ意識があるのではないか。まだそのままにしていれば、もしかすると蘇生したかもしれない。そんなことを考え、悔やんだものだ。もっというなら、私は父の殺人という犯罪に手を染めたのではないかと思いさえした。

 こうした私自身の経験からいっても、家族は最後の最後まで迷い続ける。だから「同意書」が存在しないのは当たり前だろう。
 その一方で、植物状態で長く生き続けられるのは辛い、という家族の現実的な問題がある。はっきりいえば経済的な束縛である。特に過疎化が進んでいる地方では経済的な問題は深刻である。
 つまり、家族は矛盾の中にいるのである。もはや民話と思われている「楢山節考」の世界が21世紀のいま再現されているのである。このことの恐ろしさが認識されていないことに、今回の問題の悲しさがある。

 もし、医師が家族を取り巻く諸事情(主に経済的事情であるが)を考慮し、家族の裏に隠された気持ちを察し、代行したとすれば、実行者である医師だけを責めることは誰にもできない。それは我々自身がいつでも「残される家族」になる可能性があるからである。
 一方、家族の方も「了解はなかった」と単純に医師を責めることもできない。医師との間に暗黙の了解(共犯意識)が成立していたかもしれないからだ。
 医師と家族が共犯意識を共有し、その罪の重さにこれから先ずっと苦しむことこそ、この問題を考えることに繋がるような気がする。

 しかし、射水市民病院の場合、7件という数はやはり問題になる。
最初は家族の苦しみを見かねて、代わりに自分が老婆を背負って山に入る役目を引き受けたのかもしれない。だが、数を重ねるうちに「罪の意識」、矛盾の中に生きざるを得ない苦しみは次第に薄れていってはしないだろうか。むしろ、どこか事務的に行っていたとすれば、それは生命を自由にできるのは自分だけだという医師の傲慢、傲りだと思う。
 普段の医療現場ではとても優しくていい先生が、ある場面では独裁者になることはよくあるし、私自身そういう医師も目にしてきた。

 もう一つの背景は、医療現場の過重労働である。
医師も看護師も圧倒的に不足している。この傾向は国の財政が破綻する中でますます深刻になっている。そこに持ってきて医療に経済が持ち込まれている。病院は経営的に成り立つことが第一義に考えられようとしている。
 もちろん、経済原則を抜きに医療を成り立てるべきだとはいわない。しかし、経済原則を第一義に考え出すことには大いに疑問がある。
 地方と医療が現在抱えている問題を解消しないと、今後も「尊厳死」に名を借りた(というのは少し言い過ぎかもしれないが)楢山節考の世界はなくならないだろう。

 今回の事件は医療現場に重要で、重く、かつ難しい問題を残した。
医療現場だけではない。我々すべての人間が「生きるとはどういうことか」「生命とは何か」という重く、難しい問題と真っ正面から向き合うことを求められている。
 医療現場に従事するすべて人にこれだけはお願いしておきたい。
決して医師個人の問題にして逃げるのだけはやめて欲しい、と。
[PR]
by kurino30 | 2006-03-27 10:53
鼠径(そけい)ヘルニアとは
 この病気にかかるまでは鼠径(そけい)ヘルニアという言葉すら知りませんでした。ヘルニアという言葉で思い浮かぶのは椎間板ヘルニアぐらいです。実際、知人の中には私が鼠径ヘルニアで手術すると言ったのを椎間板ヘルニアと勘違いして、「いやー、私も経験があるから分かります。あの腰の痛みは堪りませんからね」と言ってきた者もいました。

 鼠径ヘルニアは日本ではあまり知られていない病気ですが、アメリカでは非常にポピュラーで、年間80万人の人が受診しているといわれています。ところが日本の受診者は14万人と推定されています。
 しかし、実際には病院に行かずに我慢している人がかなり多いと見られています。病院に行かない理由は人それぞれでしょうが、一つには慢性盲腸のように緊急を要するものではないこと、二つめには下腹部に現れる症状なので恥ずかしいという思いもあるかもしれません。ただ、急性盲腸と同じで痛みが激しくなると手術は緊急性を要します。

 さて、文字からしてなにやら難しそうな病名ですが、俗に言う脱腸です。腸の一部が下腹部に出てきて、足の付け根辺りがぷくっと膨れてきます。そう言うと、子供の時にかかったという人もいるでしょう。そうなんです。多くの人が脱腸は子供の病気と誤解しているようですが、実際には40代上に多い病気なのです。加齢とともに増えてくるようです。
 男女比で言うと圧倒的に男性が多く、80%が男性です。職業的には力仕事、立ち仕事をする人、肥満、前立腺肥大、咳をよくする人、妊婦などに多い病気といわれています。要は腹圧がかかる姿勢、作業が影響するということでしょう。

 ところで鼠径ヘルニアと椎間板ヘルニアは同じようにヘルニアという文字が付くのにまるで共通点はないように見えます。
 一体ヘルニアとはどんな状態をいうのかと思い調べてみると、「腹壁の孔から内臓の一部が腹膜に包まれたまま腹壁皮下に脱出する」(マイペディア)状態のこととありました。
 椎間板ヘルニアは本来のヘルニアではなく、臓器脱出の形が似ているためにヘルニアと呼ばれているようです。いわば偽ヘルニアですね。同じようなものに脳ヘルニア、脊髄ヘルニアがあります。

 それにしても鼠径の「鼠(そ)」はネズミという文字ですから、「鼠径」を文字通りに解釈すれば「ネズミが通る小さな道」です。もちろん、お腹の中にネズミがいたり、ネズミが通る道などあるはずがありませんから、ネズミに似た形のものか、ネズミが通る道のようなものが体内、それも下腹部にあるということでしょう。

 赤ちゃんの時に男性は睾丸が体内から陰嚢に落ちてきますが、この通り道が鼠径管と呼ばれています。精巣をネズミにたとえて付けられたというわけです。ですから、元々男性の場合は睾丸が降りてきた道筋ができているわけです。それが加齢とともに筋膜が衰え、鼠径管の入り口が緩んできます。そこにもってきてお腹に力を入れたりすると、筋膜が緩んで出来た入り口の隙間から腹膜が出てくるわけです。最初のうちは腸が出たり引っ込んだりしていますが、やがて出たまま引っ込まなくなると、出た部分の腸が壊死しだします。この時は急激な痛みを伴い、緊急手術が必要になります。この辺りの感じは盲腸の症状とよく似ていると思いますね。

 笑い話ですが、実はどうも鼠径ヘルニアらしいと自分で気づいた時、筋膜が緩んできているのが原因なら腹筋を鍛えれば改善するのではないかと素人考えをし、腹筋運動を始めました。
 これが逆効果でした。実は腹圧を加えることで腸の一部が外に押し出されるわけです。それまでは下腹部にちょっとした膨らみが出ているなぐらいだったのが、腹筋運動を始めた翌日には形状も大きく伸びてきたのです。それと同時に不快感を伴ってきました。
[PR]
by kurino30 | 2006-03-11 10:48